ファクタリングとは

売掛金を売って最短1日で現金の確保が可能な融資などとは別の資金調達方法のことです

ファクタリングとは、売掛金を売って最短1日で現金の確保が可能な融資などとは別の資金調達方法のことです。
金融機関から融資を断られた方や、急に一時金が必要になった方が利用されます。
お客様が保有している売掛金をファクタリング会社が償還請求権無しで『完全に買取する』ことにより、売掛先の支払サイトの期日前にお支払いしてお客様に資金を提供する仕組みのことです。

 
 
 
 
 


ファクタリングのメリット

融資などに比べて比較的簡単に資金調達が出来る

銀行などからの融資の場合は、経営状態が大きく左右しますが、ファクタリングは融資ではありませんので、審査に通りやすく担保も不要です。

 
 

資金繰りがスムーズになる上に、担保は不要

売掛金を売却することで必要な資金を速やかに調達出来るので、急な出費や支払金の不足などに対応できます。
銀行から融資を受ける場合は担保が必要なこともありますが、ファクタリングの場合は融資ではございませんので担保を用意する必要がありません。

 
 

貸借対照表のスリム化で金融機関からの信用もアップ

償還請求権なしの債権譲渡を行うファクタリングは、売掛先が倒産などで売掛金が回収出来なくなった場合でも、お客様が負担する必要がなく、貸借対照表でも負債にならないというメリットがあります。


ファクタリングによる資金調達に適した企業様

銀行などの金融機関からの融資が受けられなかった方や、売掛金の支払いサイトが長い取引先が多い方は、ファクタリングによる資金調達に適しております。 支払いサイトが長い場合は、売り上げは黒字にも関わらず手元に現金がないといった事態に陥ることがあります。そのような黒字倒産を回避するためにも、ファクタリングの活用は有効です。


ファクタリングの審査

お客様に対する審査はあまり行われません

ファクタリング会社に償還請求権なしで売掛金を買い取ってもらう場合、お客様に対する審査はあまり行われません。審査はお客様ではなく、売掛先に対して行われるものです。
資金繰りに困って銀行などに融資を申し込んだ場合、審査に時間がかかる上に審査が厳しく融資が受けられない可能性があります。 このようなケースでは、お客様の審査なしでスピーディーに現金化できるファクタリング会社を利用するほうが有利です。
売掛先への審査では信用度や経営状況、経営規模、利用者との取り引き年数などが審査されます。 このため売掛先の信用度が著しく低い場合などは、たとえ利用者の信用度が高くても買い取りを断られることがあるのでご注意ください。


契約までの流れ

1

ご相談・お申込み お電話(03-5981-8950)、FAX(03-5981-8960)、無料相談フォームからお気軽にご相談・お問合せください。

※弊社担当者が親切・丁寧にご対応いたします。
2  ご面談・審査

必要書類をご用意頂き、当社にご来店または御社へ訪問させて頂きましてスタッフとの面談を行います。

※売掛先様重視の審査で面談後最短翌日には資金化。

【3社間ファクタリングの場合】
 売掛先企業様からファクタリング取引のご承諾を頂きます。

 

3

ご契約 

本審査後、買取り条件をご提示させていただきます。
(3社間または、2社間取引のご契約。)

【3社間ファクタリングの場合】
 売掛先企業様とのご契約も必要です。

 

4  買取実行 ご契約完了後、当社買取り分を即日、御社のご指定口座にご送金致します。
 
 

ご利用対象・条件

ご利用対象様

健全な事業を営み売掛債権をお持ちの法人様。
(営業年数や金融機関への条件変更中、赤字決算等でもお申込み可能です。)

 
 

買取金額

上限総額は5千万円まで。※売掛金の全額ではなく、一部分なども対応させて頂きます。
(売掛金に対する掛目は企業様の内容により変動します。複数の債権を合算する事も可能です。)

 
 

ファクタリング費用

3%~(売掛先企業様の内容、入金日数により変動します。)

 
 

買取対象期間

請求後6ヶ月以内に入金される売掛金。

 
 

実費分 

面談時、出張をご希望される場合は交通費をご負担頂きます。
また、振込手数料はお客様にご負担頂きます。印紙代、登記費用も実費分でご負担頂きます。

 
 

留保・掛目

売掛金を100%とする場合、額面の10%~20%が留保金となります。(決済後、留保金はご返金致します。)

 
 

その他 

不動産の買取り、車買取り、手形の買取りなどご相談下さい。

 
 

業務内容

 

株式会社JBSでは、ファクタリング業務の他、様々な業種のコンサル事業を請け負っております。
財務分析からのアドバイスだけではなく、経理システムの見直しから資金調達・資金繰り改善・金融機関対策まで、
多方面から総合的なコンサルティングでお客様を業績回復・アップへと導きます。

 

金融機関対策

財政分析

資金繰り改善

資金調達方法


総合的なコンサルテイングをお客様に提供

 

月に1度、進捗状況の確認を含めました会議を行い、
達成状況等を共有いたしまして次の課題と行動計画を話し合いながら進めてまいります。

 

 現状の分析

お客様の現状を把握するために、決算書・清算表・銀行取引状況等をヒアリングいたします。

対策のご提案

書類確認・ヒアリングを基に、必要な財務戦略をご提案いたします。

対策の実施

ご提案させていただきました内容に基づき、アドバイスやフォローアップをいたします。
 


会社概要

社名 株式会社JBS (JBS Co.,Ltd.)
事業内容 ファクタリング業務
経理・財務・経営に関するコンサルティング業務
本社

〒170-0002
東京都豊島区巣鴨1-20-10宝生第1ビル8A
電話:03-5981-8950
FAX:03-5981-8960
E-MAIL:info@jbs-xx.com

役員 代表取締役 豊田拓二
従業員 10名
 
 


 


よくあるご質問

 Q01
どんな売掛金がファクタリング契約の対象になりますか?

遅延されていない、通常の商取引で発生した全ての売掛債権が対象になります。
※詳しくはお問い合わせください。

Q02.
支払い期限が過ぎている売掛金は買取りしてもらえますか?

大変申し訳ございません、支払い期限が過ぎている遅延債権はお取扱いできません。買取対象外となります。

Q03.
法人設立から1年たっていないのですが、取引きは可能ですか

ご提案させていただきました内容に基づき、アドバイスやフォローアップをいたします。
 

 Q04.
現在、債務超過なのですが、取引きは可能ですか?

はい、ご安心くださいませ。お取引きは可能でございます。

Q05.
税金の滞納があるのですが、取引きは可能ですか?

はい、ご安心くださいませ。お取引きは可能でございます。

Q06.
赤字決済なのですが、取引きは可能ですか?

はい、ご安心くださいませ。お取引きは可能でございます。
 
 

 Q07.
取引きが不可能な業種はありますか?

ございません。企業間取引(BtoB)の形でご商売をされてらっしゃるのであれば、ご利用頂くことが可能でございます。

Q08.
銀行やノンバンク等が行う事業用融資との違いは何ですか?

返済という概念がございません。弊社はあくまで企業間取引における売掛金を償還請求権無(ノンリコース)で買い取る(売買)決済専門商社でございます。

Q09.
連帯保証人などは必要ですか?
 

いいえ、必要ございません。
 
 

 Q10.
売掛先が倒産した場合はどうなるのですか?

売掛先倒産リスクを含めて買取させて頂いております。償還請求権の無いファクタリング(ノンリコース)は、お客様に保証を求めない契約です。返済義務は発生致しません。

Q11.
資金化までの日数はどのくらいかかるのでしょうか?

最短即日での契約が可能ですが、お客様の契約内容のご理解及び必要書類などが全て揃っている事が前提となります。 余裕を持ったご契約をお薦めいたします。弊社一人でも多くのお客様に素早く資金提供が出来る様、日々努めております。

Q12.
売掛先に知られたくないのですが可能ですか?

2社間ファクタリングは特に通知して頂く必要はございませんのでお取引先様に知られてしまうことはございません。しかし、手数料が割高になります。
3社間ファクタリングは手数料は割安ですが、売掛先との契約が必要なため、売掛先に知られたくない場合は2社間ファクタリングでの契約となります。
 


個人情報保護方針

 

株式会社JBS(以下、「当社」といいます。)では、お客様の個人情報がプライバシーを構成する重要な情報であることを深く認識し、業務において個人情報を取り扱う場合には、個人情報に関する法令を遵守し、個人情報保護のためにコンプライアンス・プログラム(実践遵守計画)を制定し、個人情報の保護に努めていきます。

ご利用対象様個人情報の取り扱いについて

  1. 利用目的による制限
    個人情報は、その利用目的を明確にし当該目的の達成に必要な範囲内で取り扱います。

  2. 適正な取得
    個人情報は、適法かつ適正な方法で取得します。

  3. 正確性の確保
    個人情報は、その利用の目的の達成に必要な範囲内で正確かつ最新の内容に保ちます。

  4. 安全性の確保
    個人情報の取り扱いに当たっては、漏えい、減失又はき損の防止その他の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。

  5. 透明性の確保
    個人情報の取り扱いに当たっては、本人が適切に関与し得るよう配慮します。

 
 

個人情報保護に関する基本方針

当社は、個人情報の取扱いに関し、その情報を安全に管理し、適正に使用することの重要性から、次のとおり個人情報保護方針を定め、当社で保有するすべての個人情報の保護に万全をつくすことをお約束します。

  1. 個人情報の適正利用

    当社は、ホームページ等での公表または書面によるお知らせによりお客様の個人情報の利用目的を明確にし、法令に定める場合を除き、その利用目的の達成に必要な範囲内において使用いたします。
    【当社HP http://jbs-xx.com】

  2. 個人信用情報機関の利用

    調査以外の目的には利用いたしません。

  3. 個人情報の安全管理

    当社は、保有する個人情報において、不正アクセス・紛失・破壊・改ざんおよび漏えい等の防止に努め、適切な安全管理措置を講じます。

  4. 個人情報の第三者提供

    当社は、法令に定める場合を除き、お客様の個人情報を、あらかじめご本人様の同意を得ることなく、第三者に提供いたしません。

  5. 個人情報の委託

    当社が個人情報の取扱いを外部へ委託する場合は、当社の定める基準に基づき個人情報を適正に取扱っていると認められる委託先を選定したうえ、適正な取扱いを確保するための契約等を締結し、委託先において個人情報の安全管理が図られるよう必要かつ適切な監督を行います。

  6. 個人情報保護の維持・改善

    当社は、個人情報の取扱いが適正に行われるよう、全役職員に対する個人情報保護に関する教育および取扱い状況に関する定期的な監査を行い、当保護方針を実践するとともに、その継続的改善に努めます。

  7. 個人情報についてのお問い合わせ窓口の設置について

    当社は、個人情報の取扱いに関するお客様からのお問い合わせを、適切かつ迅速な対応に努めます。

  8. 当社の保有する個人情報について

    ご本人から開示(利用目的の開示を含む)ご本人から開示(利用目的の開示を含む)差止め・削除等をご希望される場合は、下記お問い合せ窓口までご連絡ください。

    株式会社 JBS
    東京都豊島区巣鴨1-20-10宝生第1ビル8A
    お問い合わせ先:03-5981-8950
    E-MAIL:info@jbs-xx.com

 
 

反社会的勢力に対する基本方針

当社は、暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人(いわゆる反社会的勢力)による被害を防止するために、次の基本方針を宣言します。

  1. 当社は、反社会的勢力との関係を一切持ちません。

  2. 当社は、反社会的勢力による被害を防止するために、警察・暴力追放運動推進センター・弁護士等の外部専門機関と連携し、組織的かつ適正に対応します。

  3. 当社は、反社会的勢力による不当要求には一切応じず、毅然として法的対応を行います。

  4. 当社は、反社会的勢力への資金提供や裏取引を行いません。

  5. 当社は、反社会的勢力の不当要求に対応する役職員の安全を確保します。